アルツハイマー型認知症になったらどうなるの?三大認知症を知るその1

シェアする

認知症は主に3つの病気が大半を示しています。

アルツハイマー型認知症脳血管性認知症レビー小体型認知症です。

さらに、この中に入らない認知症を引き起こす病気があります。

最近では、三大認知症の発症率が増え、アルツハイマー型認知症は6割を超しました。

年々病気の発見や対応する薬も増え、医療面からの対応や考えも変化してきました。

その中で今一度三大認知症について詳しく理解を深めて、身近での認知症への対応を少しでも軽減できればと思います。

また、誰でもなり得るこの病気の性質を理解してもらおうと思います。

スポンサー
スポンサーリンク

アルツハイマー型認知症ってどうして起きるの?

*アルツハイマー型認知症がどうして起こるか。

その原因は何でしょうか?

アルツハイマー型認知症は、脳の神経細胞が減少してゆき、

・脳の中の「海馬」という記憶を司るところを中心に脳全体が委縮する。

・脳に「老人班」というシミが広がる。

・脳の神経細胞に糸くず状の「神経原線維変化」が現れる。

といった変化が表れて、アルツハイマー型認知症を引き起こしています

*アルツハイマー型認知症は変性性認知症に分類する

認知症をきたす疾患を、変性性認知症・脳血管性認知症・アルコール依存症・感染代謝中毒等その他の認知症に分類することが出来、アルツハイマー型認知症は変性性認知症に分類します。

変性性認知症は明らかな原因が不明なまま、神経系の領域の神経細胞が変性したり、それによる神経症状を示す疾患の総称です。

この変性性認知症の中には、非アルツハイマー型認知症としてレビー小体型認知症、前頭葉側頭葉型認知症が入ります。

アルツハイマー型認知症の特徴って何?

アルツハイマー型認知症は、三大認知症の一つで、変性性認知症に分類されていると説明しましたが、その特徴はなんでしょう?

アルツハイマー型の認知症とは

・記憶低下を含め、認知窓外のため、生活に支障をきたしている。

・ゆっくりと悪くなってきている

・局所神経徴候が無い。
(片麻痺・感覚障害・視野障害・失調など脳の一部が障害されて起こる症状ではない)

認知障害が意識障害(せん妄など)、うつ病、身体疾患、その他脳疾患、中毒疾患などによるものでないこととされています。

あくまでも、「脳の神経細胞が減少」することで認知症状が出たものをアルツハイマー型認知症と称します。

アルツハイマー型認知症になったらどうなるの?

アルツハイマー型認知症になったら、どう病状が進行してゆくのでしょうか?

アルツハイマー型認知症時間経過の表があります。

時間の経過→→→ 表内のブルーのグラデーションは悪化状態を示します。

薄くなるほど認知症が進行し悪化状態となります。

なだらかに進行してゆくことがわかります。

アルツハイマー型認知症の時間の経過は、健忘期である前期混乱期である中期・痴呆期である後期に分かれ、それぞれ現れる状態が違います。

アルツハイマー型認知症衰え方は緩やかな衰退を示しています。

アルツハイマー型認知症の本人と家族の気持ち

・アルツハイマー型認知症なのに、穏やかじゃないのはなぜ?

アルツハイマー型認知症の方でもあだやかな方ばかりではなく、気性の荒い方もいます。

先ほどアルツハイマー型認知症は、「脳の神経細胞が減少」による病気だと説明しましたが
以前もお話しました通り、その症状は混合された状態があらわれることがあり衰退して行くなかで、穏やかな状態ばかりではなく、その人そのそれまで経験した記憶や思いで現れる症状が違います。

・アルツハイマー型疾患者の心理

「アルツハイマー型認知症になったらボケてしまったのだから何も考えていない。考えられない。だから、今の状態は何もできない人」

アルツハイマーと聞いて、そう思っている人は多いと思います。

認知症疾患になった人も、そうでない人同様に自分の病気になったことに直面し動揺しています。

人の話が聞けなくなったように思われがちですが、病気の特徴上聞こえるものの理解はできても聞いたものの脳の処理に誤作動が起きて思わぬことを言ったり、感じたりします。

自分が自分で無くなっている感覚に怯えています。

それをどう表現していいかわからなくなって暴力行為になっていることもあります。

ぼ~~っとしていて何もしていない様ですが、実はものすごく「今」を過ごすために忘れ行く記憶と戦っています。

・家族の心理

年をとったらボケてゆく。

忘れっぽくなるのは「物忘れ」だから仕方がない。

アルツハイマー型認知症と「物忘れ」を混同し、年をとったら当たり前になる現象だ。

このようにとらえている人が居ます。

認知症と物忘れの違いを理解していないため、早期発見早期治療にならず、気が付くと、手に負えない周辺症状に悩むという傾向があります。

「認知症状が強くなると、人に迷惑がかかるんじゃないか。」

「恥ずかしくて人になんか言えない。」

と、自分のメンツや体裁を気にして社会に相談やかかわりを持たなくなる傾向があります。

隠したままでいると自身に辛い思いが鬱積してしまい、事件や事故になりかねません。

最近はケアマネを通じて社会とのつながりから情報収集し、自分の時間を作る機会を増やせる

環境が定着してきました。

アルツハイマー型認知症になったらどうすればいいの?

アルツハイマー型認知症かどうかを判断するのは医師です。

その疑いがあるようでしたらまず、掛かりつけの医師に相談しましょう。

色々な情報を聞いたら、介護認定を受けることをお勧めします。

もし、自分がアルツハイマー型認知症となったら、病気に詳しいケアマネや介護相談を受けてもらえる職種の人と知り合い、相談を受けながら自分らしい生活を維持できる方法を見つけてゆきましょう。

自分の家族がアルツハイマー型認知症と診断されたら、病気と自分の気持ちを聞いてもらえる信頼できるケアマネを探しましょう。

自分や家族と合わないケアマネだった場合は、変えることが出来ます。

家族や自分に合った生活を整えてもらえるケアマネとを通してサービス提供や生活のアドバイスをもらい、アルツハイマー型認知症になった方がその人らしい生活が出来る環境作りをしましょう。

まとめアルツハイマー型認知症になっても今までの心はそのまま。

認知症の方の心の中はそのまま変わらずですが、脳の指令に誤作動が生じて間違った行動をしてゆきます。

アルツハイマー型認知症は病気なので、その疑いがあったらまずはかかりつけの医師に状況状態を報告し、相談・診断を受けましょう。

アルツハイマー型認知症はゆっくり下降してゆくとあっても、人それぞれに症状の出方は違っています。

家族は認知症の方が今までの生活を維持できるよう、ケアマネや社会資源と円滑に利用し、認知症の方の他家族自身の心の健康も維持できるよう心がけましょう。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村

にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護情報へ
にほんブログ村

スポンサーリンク