新しい年号は「令和」と決定!万葉集意と首相の言葉の意味は?

シェアする

「平成」の年が終わりを告げようとしています

新しい年号が菅官房長官から発表になりました。

新しい年号は「令和」

また新しい時代の幕開けです。

スポンサー
スポンサーリンク

首相より「令和」は万葉集から引用した言葉

安倍晋三首相から「令和」にした意図の説明がありました。

「悠久の歴史と薫り高き文化、四季折々の美しい自然。
こうした日本の国柄を、しっかりと次の時代へと引き継いでいく。
厳しい寒さの後に春の訪れを告げ、見事に咲き誇る梅の花のように、
一人ひとりの日本人が、明日への希望とともに、それぞれの花を大きく咲かせることができる。そうした日本でありたいとの願いを込め、『令和』に決定した。

と語っていました。

安倍晋三首相は新元号に「人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つという意味が込められている」と述べていました。

万葉集のどこに「令和」があるの?

万葉集巻五 梅花の歌三十二首の序文にありました。

「初春の令月にして、気淑(きよ)く風和(やわら)ぎ、梅は鏡前(きょうぜん)の粉を披(ひら)き、蘭は珮後(はいご)の香を薫(かお)らす」

これは、「序文」であって「和歌」ではないので、三十二文字ではなく、漢文体なので、短歌のような調べではありません

年号を決めるにあたり、歌ではなく序文からの引用という面も考慮のうちだろうという意見もあるようです。

・序文の意味

この梅花の歌会は天平二年の正月に、大宰府の大伴旅人の邸宅で開かれた新年の宴で、出席していた三十二人の客が梅の花をお題にして開かれた歌会だったそうです。

「初春の令月にして、気淑(きよ)く風和(やわら)ぎ、」

この意味初春「(正月)に良いな月が出ていて、風は穏やかで和やかだ」という意味です。

この文面に「令」「和」が入っています

「令」は良い・奇麗の意味があります。

「和」はなごむや、穏やかさ、平和の和を連想させます。

次の

「梅は鏡前(きょうぜん)の粉を披(ひら)き、蘭は珮後(はいご)の香を薫(かお)らす」

意味は、梅は鏡の前のおしろいのように白く咲き、蘭はにおい袋のように薫っている。

という意味になります。

安倍晋三首相の話から、これからの時代は花が咲き薫り続けるように、日本の繁栄が和やかに良い時代になる様にという願いが見えてきます。

「令」という字は冷たい感じがしたのは何故か?

「令」という字を見て、何故か冷たい印象がありました。

「冷たい」言う字に令が入っているのでその印象からだと思います。

他に「レイ」という音から「霊」「零」「齢」などイメージ的に寒い感じがしていました。

また「零式」や「ゼロ」も頭をかすめて、いいのかなあとちょっと思っていました。

ただ、テレビの解説者の話などを聞いていると、「令」には、「良い」や「奇麗」など意味があり、「レイ」にも、「礼」「麗」「禮」などおこ心豊かになる意味の言葉もあります。

また令は「命令」の令でもあり、そこへ「和」を合わせることで、平和な良き日を願う言葉でもあり、「和をもってゆけ」と国民の意思を記しているようにも伺えると改めて思いました

「令和」の意味は安倍首相の言葉に有った(まとめ)

ラリルレロから始まる日本語が年号に使用されるとは思わなかったので、若干のカルチャーショック(古)を覚えましたが、テレビを見ていると、巷の皆さまは、「和」が入っていることで安心と馴染み感を感じているようでした。

国民の安心感を作りつつ、今までにない音から始まる年号にした政府はすごいなあと思いました。

あれ?昔の安倍内閣の時代に安倍首相が言っていた「美しい国 日本」って

「令(美しい)和(日本)」になるのでは?・・・

あれ。。書いているうちに気づいてしまった!。

ただ、安倍晋三首相の信念はぶれていないのかなあと気づきます

私たち国民も自分にブレずに生きて花を咲かせる人生でありたいと思います。

スポンサーリンク